【研究開発成果】食用鯨油およびドレッシングの商品化支援

2017年3月7日

山口県産業技術センターの研究開発による新たな成果事例をお知らせします。

 

研究開発成果事例:食用鯨油およびドレッシングの商品化支援

 

研究の概要: 鯨肉の加工工程で排出される鯨油は、臭気等の問題もあり多くは、化粧品原料等の工業用に利

用されるか廃棄されていました。本研究では、高度不飽和脂肪酸で健康成分として期待される

DPA(ドコサペンタエン酸)を含有し、風味を改善した食用鯨油およびドレッシングの商品化

のため、独自の精製法を開発しました。

 

下のPDFファイルをクリックして内容をご確認ください。

 

食用鯨油およびドレッシングの商品化支援.pdf(245KBytes)