【技術支援成果】眼球運動検査装置“yVOG(ワイボーグ)-Glass” の開発

2017年11月16日

山口県産業技術センターの技術支援による新たな成果事例をお知らせします。

 

技術支援成果事例:眼球運動検査装置“yVOG(ワイボーグ)-Glass” の開発 

 

支援の概要: 赤外線カメラを内蔵した眼鏡型の眼球運動検査装置の開発を支援しました。

 

医療機器の概要:

対象疾患:良性発作性頭位めまい症、原因:内耳の前庭にある耳石が剥がれ三半規管に入る

症  状:回転性のめまい(目がぐるぐるまわる)、一時的な吐き気・嘔吐・難聴

検査方法:眼球運動を画像解析(縦方向・横方向・回旋(回転))、保険点数300点

 

下のPDFファイルをクリックして内容をご確認ください。

 

眼球運動検査装置“yVOG(ワイボーグ)-Glass” の開発.pdf(325KBytes)