【お知らせ】製品化を目的とした共同開発テーマを募集します ~募集中~

2018年4月24日

 山口県産業技術センターでは、企画段階からの製品開発を共同で実施する新たな取組である「共同開発」を開始いたします。

 つきましては、本共同開発のテーマを下記の通り募集いたします。

 

 

<目的>

 本取組は、アイデアや構想段階の製品開発テーマについて、製品企画から試作、評価までを県内企業と山口県産業技術センター(産技C)が共同で行うことで、魅力ある製品作りを目指すものです。

共同製品開発.png

<募集の詳細>

共同開発の募集概要(FAX申込用提案書)(PDF:984KB)

 〇対象者:製品開発を自社で実施できる体制がある県内製造業
 〇開発段階と要件:企画(アイデア、構想)段階にあるプロダクト製品※1を対象とし、新規開発または
          既存製品の改善(リデザイン)について、産技Cと共同による製品企画が行える
          もの
 〇技術分野:以下の技術を主に活用して開発を行う製品※2 
    (1)デザイン開発技術(意匠/使い易さ評価)  (2)3Dものづくり技術(3Dプリンター等による試作) 
    (3)評価解析技術(構造評価/強度試験) 
 〇費用:開発分担をそれぞれが負担
 〇募集期間:随時※3
 〇実施について:ご提案頂いたテーマについて担当者によるヒアリングの後、審査の上実施を決定
         いたします。

   ※1:製造・加工・測定等の技術開発、サービス、グラフィックデザイン等は除きます。
   ※2:食料品、材料等の素材系製品は除きます。
   ※3:実施件数は、年3~4件程度の予定ですので、状況によっては実施できないケースもございますのでご了承下さい。
      受付状況を当センターHPにてお知らせしますので、ご確認の上お申し込み下さい。

 

<申込書類>

 共同開発テーマ提案書.xlsx(Excel:14KB)

  ※FAXでのお申込みは、前出の募集概要の裏面をご利用下さい。

 

<お問合せ・お申込み先>

 山口県産業技術センター 製品開発チーム

 担当:藤井謙治、田村智弘

 TEL:0836-53-5059  FAX:0836-53-5071

 E-mail:fujii@iti-yamaguchi.or.jp(藤井)、tamura@iti-yamaguchi.or.jp(田村)

 

参考

<製品開発事例>

 玉砂利固定具の設計支援(H26年度技術支援成果事例)

 プラットホーム隙間緩衝材の設計支援(H25年度技術支援成果事例)

 内視鏡手術用鉗子ハンドルの開発(H23年度技術支援成果事例)