【活動状況】地域イノベーション戦略支援プログラム(文部科学省補助事業)のキックオフセミナーの開催

2014年11月17日

「やまぐちものづくり」環境・医療イノベーション創出地域が、本年7月に地域イノベーション戦略支援プログラム(文部科学省補助事業)に採択され、本格的に事業展開を進めるのに併せ、下記のとおりキックオフセミナーを開催し、200名を超える参加者があり、盛会の内に終えることができました。



○日  時 平成26年11月17日(月)
○場  所 ANAクラウンプラザホテル宇部 国際会議場 東の間
○開会挨拶 山口県知事 村岡 嗣政
○来賓挨拶 文部科学省科学技術・学術政策局長 川上 伸昭 氏
中国経済産業局地域経済部長 小島 暢夫 氏
○基調講演 「魅力に満ちた地域であるために~次世代エネルギーを中心として~」
  九州大学水素エネルギー国際研究センター長
            佐々木 一成 氏
○事業概要 「コンビナート資源に着目した「地域エネルギー」の創造・循環によるイノベーションの創出に向けた取組
プロジェクトディレクター 東 正信
○研究開発~招聘研究者紹介~
1.光触媒による水素製造技術の開発
山口大学大学院理工学研究科 
助教(特命) 三宅 秀昭
山口東京理科大学先進材料研究所
嘱託助教 ヴィート カロセク
2.光触媒を用いた二酸化炭素固定化・還元及び水素生成に関する新規技術の創成
山口東京理科大学先進材料研究所
嘱託助教 酒井 宗寿
3.リチウムイオン電池の未来について
山口大学大学院理工学研究科 
助教(特命) トドロフ ヤンコ マリノフ
○人材育成・機器共用化の取組
1.プラント高度危機管理人材及び次世代イノベーション人材の育成プログラムの開発と実施
2.研究開発推進のための大学機器の共有化
山口大学大学研究推進機構産学公連携センター長
望月 信介

このページの先頭へ