【活動状況】第1回高圧ガス保安入門講座を開催しました

2015年12月21日

第1回高圧ガス保安入門講座を開催しました

 



山口大学大学研究推進機構では、石油・石炭化学プラントにおける工場危機管理の能力を有する人材を育成する

「プラント高度危機管理コース」の開発を、地域コンビナート企業との連携により進めております。

この度、主として高圧ガス製造設備の運転に携わるオペレーターの方々を対象に、高圧ガス製造設備を安全に

取り扱うための基礎知識並びに保安法令に関する事項を学んでいただく「高圧ガス保安入門講座」を開催し、

多数の企業様からご参加いただきました。

 

 

 

【日   程】平成27年12月14日(月)~15日(火)

【場   所】山口県産業技術センター 1階 第2研修室

【プログラム】

◎一日目『高圧ガスの基礎』

講師:山口大学 大学院理工学研究科(工学) 教授 望月 信介

・気体の性質と熱力学の基礎(圧力と温度、ボイル=シャルルの法則)
・熱力学の第一法則(熱・仕事・エネルギー、状態変化等)

・コンプレッサーの理論と構造

・コンプレッサーの運転およびトラブル対策

◎二日目『高圧ガスを取り巻く保安法令』

講師:山口県 総務部 消防保安課 産業保安班 主査 小松 靖

・法律とは

・製造設備の技術上の基準

・高圧ガス保安法の規則

・製造の方法の技術上の基準

 

第1回高圧ガス保安入門講座.jpg

このページの先頭へ