【活動状況】平成28年度「事故事例からのプラント安全講座」を開催しました

2016年12月19日

近年の化学プラントでの事故・災害を受け、これらを未然に防止することが企業にも求められています。
そのためには、企業内の一人ひとりの安全意識を高めて、無意識や思い込み等を阻止し、そして事故が
起こる前に適切な措置を打っていくことが必要不可欠と言えます。
この度、山口大学では、主に中堅オペレーターや次のリーダーとなられる方々を対象に、過去の事故事例からの
プラント安全を自ら考える「事故事例からのプラント安全講座」を開催し、多数の企業様からご参加いただきました。

 

【日   程】平成28年12月8日(木)~9日(金)
【場   所】三井化学株式会社 岩国大竹工場
【講   師】三井化学株式会社 岩国大竹工場  製造1部 生産支援グループ   グループリーダー  野田 誠司

【プログラム】
◎一日目

  ・導入1  過去の事故DVD鑑賞
  ・導入2  現象実験
  ・講義1  事故は小さいものからの始まり
  ・講義2  山口県の事故傾向等(共通性等)
  ・グループ討議1 共通課題について議論
  ・意見交換
◎二日目
  ・講義3  海外の大惨事例
  ・グループ討議2 事故例を考える
  ・グループ討議3 各グループでの整理

このページの先頭へ