【活動状況】招へい研究者 トドロフ ヤンコ マリノフ 助教による講演会を開催しました

2017年6月19日

  地域イノベーション戦略支援プログラムの「大学等との知のネットワークの構築」の取り組みの一環として、山口大学「志」イノベーション道場と連携し、同プログラムの招へい研究者である山口大学大学院創成科学研究科 助教(特命)トドロフ ヤンコ マリノフ 氏による学生を対象とした講演会を開催しました。
 


1 日 時 平成29年6月14日(水)10:20~11:50
2 会 場 山口大学常盤キャンパス 「志」イノベーション道場
3 内 容 「高性能で、しかも安全な二次電池用材料を求めて」
           ・電池の歴史・性能・特性
            ・リチウムイオン電池の仕組み
             ・リチウムイオン電池のエネルギー密度向上や安全性改良
             ・学生に対するメッセージ            

 

トドロフ先生写真1.jpg   トドロフ先生写真2.jpg


  学生を中心に51名の参加がありました。トドロフ先生からは、企業でのご経験をもとに、「自分のやりたいことをアピールすることが大切」「目指すもの(夢)を持って、それに向かって努力する」とのメッセージがありました。

このページの先頭へ