【活動状況】 「国際ミニシンポジウム」を開催しました

2017年9月11日

  このたび、有機光機能材料分野で世界的にも著名な、ドイツブレーメン大学Dieter Woehrle教授をお招きし、光触媒に関する国際ミニシンポジウムを下記のとおり開催致しました。

  企業、大学、公的機関等96名の方にご参加いただき、会場からは多くの質問が講演者に寄せられました。

 

 

開催日時・場所

1.日 時  平成 29 年  9 月 6 日 (水)

                14:30~17:00

 

2.場 所  山口大学工学部常盤キャンパス

                D棟 1階  12講義室

 

3.参加費  無料

 

4.主 催  地方独立行政法人山口県産業技術センター             

                国立大学法人山口大学

                公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学

 

5.共 催  次世代エネルギー研究会    

 

 

 

プログラム

◆開会挨拶(14:30~14:35)
   (地独)山口県産業技術センター プロジェクトディレクター  東 正信

 

◆特別講演(14:35~15:20)
    “Optical, Optoelectronic and Photocatalytic Properties of Phthalocyanines”

      ブレーメン大学 教授 Dieter Woehrle 氏

 

◆発表講演1(15:30~15:55)
    “Photocatalytic Hydrogen Production from Water using Ni-Complex/C3N4 under Visible Light”
         山口東京理科大学 先進材料研究所 嘱託助教 Vit Kalousek 氏

 

◆発表講演2(15:55~16:20)
    “Improvement of Carbon Nanotube Photocatalyst by Dye-Encapsulation”
         山口大学大学院 創成科学研究科 助教(特命) 三宅 秀明 氏

 

◆総合講演(16:20~16:55)

    “SWCNT Photocatalysts for Hydrogen Evolution from Water”

        岡山大学大学院 環境生命科学研究科 准教授  髙口 豊 氏

 

◆閉会挨拶(16:55~17:00)
        山口東京理科大学 名誉教授 戸嶋 直樹 氏

 

 

国際ミニシンポジウム全体図.jpg  ディベート.jpg

Woehrle教授.jpg Kalousek先生.jpg 三宅先生.jpg 高口先生.jpg

このページの先頭へ