【活動状況】平成29年度「体験型安全教育講座」を開催しました

2017年9月28日

  プラントの現場における安全意識や技能伝承は、机上の教育だけでは限界があります。安全行動ができ、

指示指導(技能伝承)ができる人材の育成や、原理原則を理解し、安全安定操業を遂行できる人材の育成

のためには、体験・体感教育が必要です。 

  この度、山口大学では、「見て、聞いて、感じる」という人間の基本的な働きを通じて直観的な理解を促し、

危険の感受性を高めるため、宇部興産株式会社の体験施設を利用して、「体験型安全教育講座」を

開催いたしました。 

 

【日      程】  平成29年9月26日(火)

【場      所】  宇部興産株式会社 ケミカル教育センター 体験棟エリア

【習得技能】  (1)災害に遭わないためのポイント

                   (2)災害に遭った時の応急処置

                  (3)OJT時の指導ポイント

                   (4)作業前のRKYの実践

このページの先頭へ