【お知らせ】「国際ミニシンポジウム」開催のご案内

2018年10月5日

 

   文部科学省補助事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」の取り組みの一環として、水素製造新技術及び二酸化炭素利活用技術をテーマとした国際ミニシンポジウムを開催いたします。米国ブルックヘブン国立研究所の 藤田 恵津子 先生をお招きし、「水素の製造と二酸化炭素の水素化による貯蔵」についてお話しいただきます。皆様方の多数のご参加をお待ちしております。

 

開催日時・場所

1.日 時  平成 30 年 10 月 30 日(火)14:45 ~ 17:30

 

2.場 所  山口大学工学部 常盤キャンパス D棟1階12講義室

 

3.参加費  無料

 

4.主 催  地方独立行政法人山口県産業技術センター             

              国立大学法人山口大学

                公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学

 

5.共 催  次世代エネルギー研究会     

 

 

プログラム

◆開会挨拶(14:45~14:50)
    山口県産業技術センター プロジェクトディレクター  東 正信

 

◆基調講演(14:50~15:40)
    ❝Hydrogen Production and Storage via CO2 Hydrogenation

 (水素の製造と二酸化炭素の水素化による貯蔵)

         ブルックヘブン国立研究所 シニアケミスト 藤田  恵津子 氏

 

◆特別講演(15:50~16:20)
    ❝Thin Film Catalysts Capable of Efficient Water Electrolysis for Hydrogen Production

 (水素製造のための効率的な水電解を可能にする薄膜触媒)

         山口大学 大学院創成科学研究科 教授 中山  雅晴 氏

 

◆注目講演1(16:20~16:50)
    ❝A low cost homogenous hydrogen evolution system comprising of non-noble

 metal-diaminobipyridine complexes as co-catalysts

 (非貴金属系ジアミノビピリジン錯体を助触媒とする低コスト型不均一系水素発生システム)

         山陽小野田市立山口東京理科大学 先進材料研究所 助教 バグバラ  タルン  チャンド 氏

 

◆注目講演2(16:50~17:20)

   Photocatalytic property for CO2 reduction and H2 evolution of SrTiO3

 nanoparticle loaded porous adsorbent

 (吸着材上に担持したSrTiO₃ナノ粒子のCO₂還元および水素発生に対する光触媒特性)

        山陽小野田市立山口東京理科大学 工学部 応用化学科 准教授 池上 啓太 氏

 

◆閉会挨拶(17:20~17:30)
     山陽小野田市立山口東京理科大学 名誉教授 戸嶋 直樹 氏

 

全編英語で行われます。

 

詳細は下記PDFをご確認ください。 

             

         【H30.10.30】チラシ(ENG)_Mini-Symposium.pdf(1MB)

 

お申込み・お問合せ先

(地独)山口県産業技術センター イノベーション推進センター
TEL:0836-53-5061  /  FAX:0836-53-5071

E-mail:inv_environment@iti-yamaguchi.or.jp  

 

申込書にご記入のうえ、FAX またはEメールにてお申し込み下さい。

        ※ 申込締切 10 月 23 日(火)    

  

                参加申込書【10/30】国際ミニシンポジウム.docx(26KB)   

 

 

このページの先頭へ