あいさつ

 山口県は、瀬戸内沿岸のコンビナートを中心に、基礎素材型産業に特化した「ものづくり県」として、戦後日本の産業発展を牽引してきました。

 一方で、化石燃料の消費に起因する環境問題などは世界的な課題となっており、その克服に向けて、科学技術イノベーションに期待される役割は、ますます大きくなってきています。

 こうした中、本県では、コンビナートで発生している「水素」や「二酸化炭素」を「地域エネルギー」として創造し、循環(=『マテリアル・サイクル』)を実現するイノベーションの創出を目指した取組を開始いたしました。この取組は、文部科学省補助事業「地域イノベーション戦略支援プログラム」の採択を受け、研究開発は勿論のこと、人材育成等も積極的に進める内容です。

 今後とも、皆様方の御理解・御協力をお願い申し上げます。

プロジェクトディレクター東 正信

プロジェクトディレクター
東 正信

所属
イノベーション推進センター
環境・エネルギー推進チーム
プロジェクトプロデューサー

このページの先頭へ