研究会

次世代エネルギー研究会

エネルギー人工合成の基礎と応用 エネルギー人工合成の基礎と応
紫外光から可視光までの太陽光エネルギーを利用した新規の光触媒を開発し、水素の製造、二酸化炭素の資源化を図ることにより、環境負荷低減や、エネルギー自給率向上、エネルギーセキュリティーの向上に貢献します。
植物工場の基礎と応用 植物工場の基礎と応用
コンビナート等から排出される二酸化炭素と排熱を植物工場の資源として積極的に利用し、従来の陸上植物だけでなく海藻等の水生植物も含めた高付加価値植物の育成や種苗生産システムを開発します。

微細藻類の基礎と応用 微細藻類の基礎と応用
県内の湖沼から単離同定した高油脂生産性微細藻類をコンビナート等で発生する二酸化炭素の積極的利用によって高速大量培養する研究開発や、地域の大学等が有する要素技術と組合わせた高効率バイオ燃料生産に取り組みます。
蓄電等基礎と応用 蓄電等基礎と応用
創造した地域エネルギーを効率的、かつ柔軟に利活用できるように、高い安全性をもちかつ高性能の電解液等、二次電池用機能性材料や、高効率パワーデバイス向けの高品質基板材料等の部材や関連技術をテーマとします。

研究会の位置づけ

研究会を通じて、各企業の事業化に向けた研究開発の土壌を培う
研究会

参加者間の情報交換や専門家の講演聴講等により、研究開発テーマを検討する緩やかな研究会(非公開)

個人の資格で参加

参加者は、必要に応じて秘密保持誓約書提出

研究開発検討会

研究開発内容の具体的な検討や競争的資金の獲得に向けた検討会(非公開)

機関又は企業として参加

秘密保持及び研究・開発成果の取扱規約が有り、遵守する誓約書を提出

研究開発グループ

研究開発を実施する共同研究契約に基づく研究開発グループ(非公開)

参加機関及び企業で共同研究契約を締結

研究開発の進捗管理やコーディネートの目的で産業技術センターも必要に応じて契約に参加

このページの先頭へ