きかいせっけいしえんしすてむ3

機械設計支援システム(熱流体解析)
用途

流れ場,温度場および物質移動のシミュレーションを行う
仕様

<熱流体解析:Fluent>
有限体積法をベースとした非構造格子に対応するソルバー,計算に必要な形状の作成、メッシュの生成のためのプリプロセッサ,各種物理モデル

※Fluentは、8CPUの並列計算が可能

<熱流体解析:Phoenics>
PHOENICS は、有限体積法をもちいて質量、運動量、エネルギー等の保存式を、定常または非定常計算で空間1次元~3次元を反復法を使用して解く汎用熱流体解析ソフトウエアです。
メーカー

日本IBM、CHAM-Japan
型式

IntelliStation 他
機器分類

CAD・CAM・CAE
利用区分

料金

570円/時間
設置年度

平成21年度