地域イノベーション戦略支援プログラム

地域イノベーション戦略支援プログラムとは

地域イノベーション創出支援制度の一つで、地域イノベーション戦略地域に選定された地域に対して、次世代研究者の配置や人材育成などヒトに対する重点的な支援を実施し、出口を見据えつつ、地域の特性を活かした強みのある技術シーズの創出を推進するための国の補助制度(文部科学省所管)。

支援メニュー

テーマ

コンビナート資源に着目した「地域エネルギー」の創造・循環によるイノベーション創出と関連産業育成・集積。

事業概要

瀬戸内コンビナート由来の「水素」と「二酸化炭素」を地域戦略資源と捉えるとともに、光触媒により「水素」を生成し、これらを「地域エネルギー」として創造し、人工的に循環させるマテリアル・サイクルを作りだすことにより、クリーンで経済的なエネルギーシステムの実現、水素社会の到来を見据えたコンビナート地域型水素サプライチェーンモデルの構築に寄与し、もって関連産業の育成・集積を図る。

マテリアル・サイクルの概要

このページの先頭へ