【活動状況】介護・福祉機器セミナー&開発テーマ報告会を開催しました

2016年7月20日

山口県産業技術センターでは、ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業(全国中小企業団体中央会助成事業)を活用し、医療・介護関連産業の育成を推進することとしています。

平成28年7月19日(火)に、介護・福祉機器の開発のポイントや先進事例をご紹介し、また、これまで検討してきた介護・福祉機器の開発テーマを発表する「介護・福祉機器セミナー&開発テーマ報告会」を開催しました。

 


介護関連、企業、大学、公的機関を含め67名の参加があり、一番最後のデモンストレーションについては、参加者も実際に体験しながら、直接質疑応答を行っていました。


 

 

日時: 平成28年7月19日(火曜日)14:00 ~ 17:00
場所: 山口県産業技術センター 2階 多目的ホール
内容:
(1)基調講演
『介護・福祉機器の開発・実用化、新規参入のポイント』

清水 壮一 氏(日本福祉用具・生活支援用具協会(JASPA) 専務理事・事務局長)

 

(2)先進機器開発事例研究
『日本の未来=ロボット×ヘルスケア』
玉井 博文 氏(マッスル株式会社 代表取締役)

 

(3)「介護・福祉機器の研究開発テーマ発掘ワークショップ」による開発テーマ報告会
代表報告者: 安田 研一(地方独立行政法人山口県産業技術センター プロジェクトプロデューサー)

 

(4)デモンストレーション
移乗介助機器「ロボヘルパー SASUKE」

 

 

介護セミナー&報告会1.jpg 介護セミナー&報告会2.jpg 介護セミナー&報告会3.jpg

お問い合わせ

医療関連推進T
電話:0836-53-5061

このページの先頭へ