スラグで土壌固化材 山口産技センターと徳機製作所   日刊工業新聞:10月14日

2011年10月18日

 

以下のような記事が掲載されています。    日刊工業新聞:10月14日

 

 

 

山口県産業技術センターと徳機製作所(山口県周南市、岡田直矢社長)は、

 

スラグに含まれるフッ素の溶出を抑制し、土壌固化材として再利用できる

 

技術を確立した。山口県産業技術センターの試験では、なにも手を加えない

 

状態で1ℓ当たり1.40mgあったフッ素の溶出量は処理後に同0.38mg減少した。

 

環境省の土壌汚染防止環境基準値はフッ素が同0.8mg以下としている。