【研究開発成果事例】 リンゴ果皮着色技術の開発 ~メッセージフルーツへの応用~

2014年12月15日

 

山口県産業技術センターの技術支援による新たな成果事例をお知らせします。

 

 

研究開発成果事例名:リンゴ果皮着色技術の開発~メッセージフルーツへの応用~

 

 

研究概要: 果物の表皮に絵や文字が描画されたメッセージフルーツは贈答品として用いられています。

    その中でもメッセージりんごは特に需要が多く、樹上の果実にシールを貼り、太陽光で描画する

     、または食用インクを使って描画するという手法で作製されています。我々は、低発熱で光質の

    制御が容易なLEDを用いて、収穫後の果実の描画に成功しました。

 

 

リンゴ果皮着色技術の開発 ~メッセージフルーツへの応用~.pdf(637KBytes)

関連ワード