【お知らせ】粘弾性測定装置による熱分析講習会の開催について~終了しました~

2016年10月17日

概 要

粘弾性測定装置は、温度変化により物質の特性(熱膨張係数・相転移温度等)を把握することが可 能な分析機器です。本装置では、

示差走査熱量測定*1(DSC)、熱機械分析*2(TMA)および動的粘 弾性測定*3(DMA)が可能ですが、測定と解析には様々

な知識と技術の習得が必要です。

本講習会では測定原理から各々の測定方法、データ解析に至るまで座学と実演を行い、本装置の利用に向けて初級者から中級者を

対象としたスキルアップを目指します。

(*1;相転移温度と熱量の測定 *2;熱膨張係数や軟化点の測定 *3;弾性率、粘性率の測定)

 

開催日時・場所

1.日  程  DSC/TMA講習会 平成28年11月15日(火)

DMA講習会    平成28年11月16日(水)

2.時  間  9:30~16:30(予定)

3.会  場  地方独立行政法人山口県産業技術センター 第1 研修室および自動化研究室

(宇部市あすとぴあ4丁目1番1号)

4.参加費  無料

5.定  員  10名

 

熱分析(DSC/TMA およびDMA)試験をされている方、粘弾性測定装置に興味のある方

 

講師及び研修プログラム

株式会社エポリードサービス サービス部 分析サービス一課 福島丈裕氏(予定)

 

※プログラムについては、下記のPDFをご覧ください。

 

申込方法

下記PDFの裏面にある申込書をご記入の上、FAXまたは電子メールにてお申込みください。

申込期限:平成28年11月8日(火)

 

 

粘弾性測定装置による熱分析講習会の開催について.pdf(361KBytes)

 

 


お問い合わせ

技術相談室
有富
電話:0836-53-5053
ファクシミリ:0836-53-5070