【お知らせ】(公財)JKAのオートレースによる補助を受け、「スパーク放電発光分光分析装置」、「波長分散型蛍光X線分析システム」を整備しました。

2021年2月4日

令和2年度に(公財)JKAのオートレースによる補助を受け、「スパーク放電発光分光分析装置」、「波長分散型蛍光X線分析システム」を整備しました。

これらの機器は、開放機器として企業の皆様にご利用いただけます。

 

スパーク放電発光分光分析装置

【用途】

   試料(固体金属材料)をArガス雰囲気中で放電し、元素の励起発光を分光させ、元素ごとの発光強度を測定することで成分分析を行います。

スパーク放電発光分光分析装置

【仕様】

 ・検出器:CCDマルチ検出器

 ・測定試料:固体金属(平面状、ワイヤー状)

 ・測定領域:φ6mm 、φ10mm

 ・分析対象元素

   Fe系:C, Si, Mn, P, S, Cr, Mo, Ni, V, W他

   Al系:Si, Cu, Mg, Zn, Fe, Mn, Ni, Ti他

   Cu系:Sn, Pb, Zn, Fe, Mn, Ni, Al, Si, P他

【メーカー】

アメテック株式会社

【型式】

 SPECTROMAXx LMX08

【使用料】

 1,040円/時間

 

波長分散型蛍光X線分析システム(上面型・下面型)

【用途】

   試料にX線を照射し発生する蛍光X線を測定することで、試料中に含まれる元素の定性分析や定量分析を行います。波長分散型のため精度の高い測定結果が得られます。

(上面型)

波長分散型蛍光X線分析システム(上面型)

    試料の上側からX線を照射します。

主に粉末及び固体試料の分析に使用します。   

【仕様】

 ・X線管:Rhターゲット4kW

 ・分析可能元素:B~U(マッピング分析可能)

 ・定量分析:FP法可能

【メーカー】

株式会社リガク

【型式】

ZSX PrimusIV

【使用料】

1,590円/時間

 

(下面型)

波長分散型蛍光X線分析システム(下面型)

試料の下側からX線を照射します。

主に液体試料の分析に使用します。

【仕様】

 ・X線管:Pdターゲット200W

 ・測定雰囲気:ヘリウム

 ・分析可能元素:O~U

【メーカー】

株式会社リガク

【型式】

Supermini200

【使用料】

1,340円/時間