【技術支援成果】伝統の中にモダニズムを追求した新しい萩焼製品

2022年2月28日

山口県産業技術センターの技術支援による新たな成果事例をお知らせします。

【技術支援成果事例】

伝統の中にモダニズムを追求した新しい萩焼製品

 

【支援の概要】

   山口県の伝統的な焼き物である萩焼は、大道土(防府市)と見島土・金峰土(萩市)を主原料としていますが、大道土が使用されていなかった初期の萩焼は“古萩”として区別されています。

   萩焼窯元の一佳窯は、古萩のように大道土を主原料としない萩焼製品の開発に取り組んでおり、下関市豊北町の周辺地域で採取した原料を用いて新しい萩焼製品を開発しました。

 

伝統の中にモダニズムを追求した新しい萩焼製品

画像をクリックするとPDFに切り替わります。PDF形式(395KB)