【お知らせ】医療関連分野における事業化案件について

2022年9月7日

   県では、今後の成長が期待される医療、環境・エネルギー、バイオ関連分野において、産学公金連携による研究開発・事業化の促進に取り組んでいます。

   このたび、医療関連分野において、徳機株式会社(周南市)が、当センターの技術支援の下、県の補助金を活用して、下記のとおり、「起立着座リハビリ支援車(製品名:自由自座位)」を開発・事業化しましたのでお知らせします。

1 起立着座リハビリ支援車「自由自座位」

■開発の概要

〇 高齢者の起立着座をサポートする機器には、電動のものと非電動のものがありますが、電動のものは高額で機器も大きく、非電動のものは着座をアシストする機能がないといった課題があります。

〇 同社では、非電動式でありながら、着座をアシストできる機能を有し、起立着座動作を通じてリハビリを支援する「起立着座リハビリ支援車」を開発・事業化しました。

■特徴等

〇 着座動作時のケガのリスクを軽減するため、体重を支えながら緩やかに下降することができる機構を有しており、安心して着座することができます。

〇 本人の身体能力を活かした起立着座をサポートすることをコンセプトとしており、運動機能の維持やリハビリへの効果のほか、介助者の負担軽減も期待されます。

 

2 開発企業名:徳機株式会社(https://www.tokkiltd.co.jp/)

【代  表 者】岡田 哲矢(オカダ テツヤ)

【所  在】周南市港町11番1号

【資  本 金】5,000万円

【事業内容】工業製品の設計・製造・配管・据付工事・メンテナンス

【従  業 員】230名

【問  合 先】エコ事業部 [担当者名]部長 中村 光男

 Tel:0834-26-1080 mail:tokkieco@ccsnet.ne.jp